介護人材の人手不足と介護士の必要性|介護 求人比較ナビ【転職成功の秘訣】

介護人材の人手不足と介護士の必要性

介護人材の人手不足と介護士の必要性
2016年7月25日   カテゴリ:介護人材市場, 介護基本情報

介護制度の改定や団塊世代の退職による高齢者の急激な増加といった介護業界の抱える問題。これからは、さらに増加する介護需要に対しての対策が急務となっています。

今回は、そんな一つの問題となっている介護の人手の必要数や増加傾向等について詳しくお話しします。

介護利用者の増加と人手必要数は❔

介護の人手不足は、人口の多い都心部を中心に介護を必要とする人口が増加傾向にあります。2017年には約210万、更に2020〜2025年までに250万人まで急激に増加するとされてます。

それに対する介護労働者は2017年に約195万、更に2020〜2025年には215万人に増加するとされいます。これだけでも約50万人ほどの人材に必要数がいることになります。

介護業界では2025年が大きな転換期と予想されており、人材不足の解消するためのサービスや労働環境の整備が必要なってきています。

特に人手が必要となる地域は❔

2025年までの人手不足が懸念される中で、特に問題となってくるのが地方と都心の格差になります。特に関東周辺の県を中心に深刻化する予想されています。

その中でも茨城、栃木、群馬の関東三県が充足率が80%未満になるとされています。また、東京都も充足率が平均並みとなっており、急激な格差や移住による地方への介護を推進していくなどの対策が必要となってきています。

介護の人手不足の原因とは❔

介護利用者の増加に対して人手不足となっている大きな原因は、低賃金、長時間の肉体労働などの劣悪な環境や仕事に対するマイナスイメージが多く、若手の介護離れが進んでいることにあります。

介護事務所によって違いがありますが、将来的に結婚や老後などのことを考えた時に、低賃金で昇給なども見込めないので若年層が離れいってしまっています。

若手の人手が快適に将来的にも安心して生活できるような労働環境の整備などが必要となります。

今後必要なことは❔

今後、介護利用者に対する労働者の人手不足の解消は、若手や外国人労働者の長く安心して働けるような労働環境整備と地方への介護移住の推進、地域と一体となった新しい介護モデルの構築が必要なっています。

2025年には、さらに多くの高齢者が増加するのに対して、県など自治体や民間企業も連携や支援金なども取り組みでよりよい介護サービスを作っていく事が大切となります。介護業界への転職や介護サービスの利用を検討している方は、参考にしてみてください。

キーワード:,
TOPへ戻る