介護士に就く男性のメリットとは?|介護 求人比較ナビ【転職成功の秘訣】

介護士に就く男性のメリットとは?

介護士に就く男性のメリットとは?
2016年7月7日   カテゴリ:介護人材市場, 介護基本情報

今回は介護士の仕事に男性が携わるメリットなどについてお話しします。

介護士における男性立場、仕事は?

現在の介護現場における男性の割合は3〜4割程度とされています。主にデイサービスや介護老人福祉施設などでのヘルパーや職員としての介護業務全般や社会福祉やケアマネージャーなどの現場の外や環境を作る、整える立場での仕事に携わる男性も増えています。

しかし、30〜40代のパートタイマーの女性などが多くを占めており、肉体労働部分での男性の必要性が言われている中でまだまだ少ないのが現状です。

介護士で働くメリットとは?

介護士で男性が働く上で最大のメリットは、肉体労働の多い仕事のためにひとで不足なので、需要があること。ですので、転職や就職するでホームヘルパーやデイサービスなどの介護老人福祉施設などの仕事でとても有利になります。

また、営業、サービスなど比べて数字などによる競争や実績などを求めえられることが一切ないので、地道にラフな環境でやりたい男性には非常にお勧めです。さらに、40、50代などで再スタートする方でも非常に就職しやすくサービス業などよりも待遇や給与がいいので、仕事選びの選択肢としては、非常に利用しやすいです。

介護士の仕事における注意点

男性にとって営業などのノルマもなくラフな環境でとても需要のある仕事のためなどメリットもありますが、注意点がいくつかあります。

それは介護士は、全体的に給与水準が低く、スキルが身につきにくい点です。いくら、いい環境でも給与が安いと将来的に不安が大きくです。さらに介護業界からの他への転職は、スキルや実績がなけれが非常に厳しいので、しっかりと考えた上で介護の仕事を選択する必要があります。

また、肉体労働や人とのコミュニケーションが多く、ストレスや疲労などの心身的負担を伴う場合もあるので注意が必要がです。

まとめ

介護業界が厳しい状況の中ですが、これから改善が期待できるので、労働環境や仕事の条件など様々な視点から見て、介護業界の仕事を選択することが大切になります。さらに変動する現代社会の中でしっかりと情報収集して行動をしましょう。

キーワード:
TOPへ戻る