介護士の老人ホーム勤務時のポイント|介護 求人比較ナビ【転職成功の秘訣】

介護士の老人ホーム勤務時のポイント

介護士の老人ホーム勤務時のポイント
2016年7月11日   カテゴリ:介護人材市場, 介護基本情報

今回は、介護士の老人ホーム勤務についてお話しします。

介護士の老人ホーム勤務の内容は❔

介護士老人ホームの主な勤務内容は、特別養護老人ホーム、有料シルバーホームなどの各老人ホームで日常生活を送ることが難しい利用者の食事、入浴、口腔ケア、排泄などの全般的な介助やレクリエーションなどのイベントなどの業務を行います。

デイサービス、入居タイプの老人ホームによってシフト交代夜間勤務や送迎や簡単な事務処理、管理者などの業務もあります。勤務時間はパート、正社員で違いはありますが、6〜8時間にプラス残業が度々あるようですが、基本定時帰りのケースが多いようです。

介護士の老人ホーム勤務のポイント

介護士の老人ホーム勤務のポイントは、介護士としての基本となる業務をきちんと行える場所になります。介護の基本的な業務を学び、経験することができ、利用者の方とより近い距離でのコミュニケーションになるのでより細かい気配り笑顔などが必要となります。

また、毎日入浴や移動介助や送迎などをしていると体力的にもきつく、腰を痛める方が多いので、体力管理や介助の際に必要なポイントを押さえておくことが大切にあります。

介護士の老人ホーム勤務での注意点は❔

老人ホーム勤務での注意点は、多くの利用者の方とのコミュニケーションになります。

老人ホームの扱うサービスや利用者の方によっては、頑固で介助やコミュニケーションを取ることが難しいケースが多々あります。そのようなケースの場合にほど良い距離感や常に低い姿勢で相手の立場に立って行動することでだいぶ違います。

もう一つは、想像しているよりも業務がきつい場合もあるという点です。老人ホームは特に複数の利用者を相手など、集団でのコミュニケーションがあるので、それを想定した上選択が必要となります。

まとめ

介護士の老人ホーム勤務は、介護士勤務の中でも複数の利用者の介助や集団コミュニケーションやきつい部分があります。職場などを選択する際は、そういった点などを考慮上で選ぶことが大切になります。ですが、介護士として基本的な業務を学ぶ上ではとても適した勤務形態になります。

キーワード:
TOPへ戻る