介護士の転職に最適な年齢とポイント|介護 求人比較ナビ【転職成功の秘訣】

介護士の転職に最適な年齢とポイント

介護士の転職に最適な年齢とポイント
2016年5月27日   カテゴリ:介護人材市場

急激な少子高齢化による高齢者の増加で介護の必要性がさらに高まっています。ただ、需要が高まるばかりで介護現場の人手不足よる長時間労働や労働環境の悪化など問題も抱えています。しかし、改善の傾向もえるため、さらなる改善が期待されています。

今回は介護士の転職に適した年齢やポイントについてお話しします。

介護士の転職に有利な年齢は❔

介護士として仕事をする上で有利な年齢は、20〜30代前半になります。その理由は、業界全体の若手の人材不足と転職のキャリア形成が理由です。業務内容の一部に送迎や入浴、食事などの補助など体力を使うので若くて体力のある人材を必要としているためです。

また、会社としては若い方がサービス責任者や幹部候補として育成などのキャリア形成がしやすいという点もあります。介護士経験後のほうがケアマネージャーや社会福祉士、本部勤務などの人材として扱いやすいからです。

20〜30代でなくてもチャンスあり❔

転職に有利な年齢は20〜30代になりますが、40代以上の年齢でも十分チャンスはあります。

会社的には若い人材を特に必要としていますが、労働環境や待遇などの評判が悪いと集まりにくいことも確かです。そのために、介護士福祉士の資格を保有しておりやる気と体力に自信があれば十分可能性はあります。

その年齢層ならば最低限の社会人マナーや事務的スキルなどはあるので、細かい研修などの必要がないので有利な面もあります。ですので、40代以上での転職で介護士を考えている方は、諦めずに行動してみることが大切です。

転職でのポイントは❔

いざ、転職するときには年齢に関係なしに大事なポイントがいくつかあります。

まず、ハローワークや転職サイトで希望しているデイサービスやシルバーホーム、訪問介護などの仕事の形や労働環境、待遇などの条件に合う会社を選ぶこと。その上で、履歴書の作成や面接対策などの保有資格や経験がある場合は記載するとより採用に繋がります。

ただ、問題として小さい事業者になるほど人間関係や労働環境に問題がある傾向があるので、事前に確認しておくことが大切になります。

介護士への転職まとめ

介護士の転職は若い年齢ほど有利ではありますが、慢性的な人手不足の会社が多いので、年齢関係なしにやる気と体力に自信さえあれば転職できる可能性です。ただ、お金のために転職するのではなく、自分の考えている条件に合った会社を選び、転職することが大切となります。

キーワード:,
TOPへ戻る