地方介護サービスの現在の状況と課題|介護 求人比較ナビ【転職成功の秘訣】

地方介護サービスの現在の状況と課題

地方介護サービスの現在の状況と課題
2016年4月29日   カテゴリ:介護人材市場, 介護基本情報

介護制度の改定、団塊世代の退職による高齢者の急激な増加、それに伴った介護労働者の不足や労働環境の悪さなど様々な課題がある現在の介護業界。今回は、介護のおける地方サービスの特徴や問題点などについてお話しします。

介護の地方サービスの特徴は❔

介護の地方サービスの特徴は、老人ホームやシルバーマンション、医療やリハビリ施設や娯楽施設などが一体化した介護町モデルとして、各地方があるのが大きな特徴です。

また、都心部に比べて介護サービスを受ける費用が安いために、都心から移住して余生を過ごすケースが増加しています。基本的なデイサービスや 在宅介護、入居型のシルバーホームなどが都心ほどではないですが存在しています。

介護の地方サービスのメリットは❔

利用者における地方サービスのメリットは、都心部に比べてサービスの負担が少なく、静かに生活できる点にあります。また、地方移住に対して県や市からの支援金を用意している自治体もあり、それを活用することもできます。

介護の地方サービスの問題点、課題は❔

介護の地方サービスにおける問題点としては、高齢者の介護移住に対して労働者の不足やサービスの不便さという点です。介護移住希望者や施設の需要増加に対して、労働者が不足しつつあるのです。

その大きな理由は、若手の人材が地方で暮らしながら働きたい環境が整っていないことにあります。また、一体化の介護町モデル以外は、介護事務所も少なく、高齢者がサービス利用者できる利便性や利用者の介護サービス負担が大きなために、地方向けの新たな制度やサービスも必要となります。

介護の地方サービスのこれからは❔

まだまだ課題はありますが、これからさらに地方への介護移住者が増えるとされています。

介護サービスと生活が一体化した新しい地方介護モデルが次々とできているために、それに対応した労働者の環境整備や介護利用者のサービス負担の軽減策などが進んでいるからです。そのため、民間だけで介護サービスを拡大していくのが難しいために県や市の支援が必要不可欠となります。

他には、地方で動くことのできない利用者向けの医療と介護を合わせた移動型のサービスなども広くひろがって、医療分野との連携やコミュニケーションも重要となってきます。

まとめ

介護の地方サービスは、都市部とは違う新しい形の介護モデルとしてこれからさらに成長していくとされています。
労働環境の改善や地方介護サービスの負担軽減など課題も多いですが、移住が増加するとでしょう。

キーワード:
TOPへ戻る