介護士に向いている人の、向いていない人|介護 求人比較ナビ【転職成功の秘訣】

介護士に向いている人の、向いていない人

介護士に向いている人の、向いていない人
2016年8月24日   カテゴリ:介護基本情報

今回は、介護士に向いている人の特徴、向いていない人に起こる問題点等についてお話しします。

介護士に向いている人とは❔

介護士の仕事を主に高齢者などの人を相手とする職業だけにはっきりと分かれる部分があります。

基本的に介護士に向いている人は、介護や医療に対しての関心が高い人、仕事にやりがいを持って業務をこなせる人、人との会話、世間話などのコミュニケーション取ることが好きな方、公私を切り離し、割り切って仕事のできる人などが多いようです。

介護をする高齢者や他の従業員あ外部関係者など多くの人とコミュニケーション取ることが重要な仕事であり、地味で変化のない業務内容が多いので、上あげたような人が向いていると言えます。

他にどんな適性が❔

介護士の仕事をする上で必要なのが、思いやりと忍耐力、体力になります。

人と近い距離で接する仕事なだけに思いやりを持ってコミュニケーションを取ることができないとお互いに苦しい上にトラブルの原因にもなりかねないです。また、仕事の大半がルーティーンになるので、その単純な業務に耐えることと入浴や送迎などの介助が肉体労働となるので体力があるに越したことないです。

色々な要素がありますが、毎日の仕事にツライ部分があっても介護士としての仕事が好きなことが一番大切になります。

向いていない人とその問題点は❔

介護士に向いていない人は、人とのコミュニケーションが苦手な人や単純作業の割り切って、楽しく仕事ができない人です。

これらの性格などの人がお金や仕事のために起きる問題があります。仕事にやりがいが見つからず、我慢してストレスや疲れを蓄積したことにうつ病などの精神的病気や腰痛、胃痛などの肉体的な怪我などの職業病のリスクがあるからです。

全てが当てはまるわけではないですが、介護士の仕事を決める前に自分なりに向いているか考えることが大切になります。

まとめ

介護士に向いている人は、人とのコミュニケーションが好きな人や介護、医療に関心のある人、体力のある人などになります。様々な適性などがありますが、あくまで一番大事なのは介護士としての仕事を好きになれるか、できるになります。一度介護士を目指す前の参考にしてみてください。

キーワード:
TOPへ戻る