都心における介護サービスの特徴や問題点|介護 求人比較ナビ【転職成功の秘訣】

都心における介護サービスの特徴や問題点

都心における介護サービスの特徴や問題点
2016年7月28日   カテゴリ:介護基本情報

介護制度の改定や団塊世代の退職による高齢者の急激な増加。それによる介護労働者の不足や労働環境の悪さなど介護業界には改善すべき様々な課題があります。

そこで今回は、介護のおける地方サービスの特徴や問題点などについてお話しします。

介護の都心サービスの特徴は❔

介護の都心サービスの特徴といえば、地方に比べて、デイサービスや在宅介護やシルバーホームなどの各サービスが充実しており、医療機関と連携した新しいシルバーマンションなども登場している利便性もあるので非常に便利になっている点が挙げられます。

介護労働者にとっても賃金が地方に比べて高く、保障などもある介護事務所も多いので働きやすい環境が整っています。

都心の介護サービスのメリットは❔

都心の介護サービスのメリットは、地方と比べて様々なサービスを受けたり、医療機関や様々な施設の利便性も良いところにあります。介護労働者にとっても物価などの比べても地方より賃金が高く、交通機関へのアクセスや周辺施設が充実しているので、住みやすい環境にあります。

介護の都心サービスの課題や問題点は❔

都心サービスの課題や問題点としては、爆発的な介護希望の高齢者の増加や事務所開設や運営に様々なコストで厳しい状態にあることです。

ここ数年で団塊世代の退職なども重なり、介護希望者が増加している需要がある一方で地価や労働賃金などのコストが高いために、事務所の開設や運営の継続が厳しく追いついていない状態にあります。

課題として、軽度の介護利用者に対する在宅介護の推進や介護サービスの負担増加や介護事務所の運営を助成する取り組みが必要となってきます。それに伴う介護労働者の労働環境の改善など課題が山積みな状態です。

介護の都心サービスのこれからは❔

介護の都心サービスのこれからは、軽度な利用者への家族や地域の協力を元にした在宅 介護の推進が必要となります。また、爆発的に増えてしまっている利用者の地方移住を促す支援策なども増えていくでしょう。

さらに増えていく介護利用者に対応していくための新しいサービスなども取り組みが進んでいくでしょう。

まとめ

介護の都心サービスは、利用者にとって利用しやすい環境が整っている一方で、利用者の爆発的な増加により、十分なサービスを受けることができていない状態です。また、介護労働者の賃金などの労働環境や事務所の運営なども厳しいので、県なども支援制度ちや地方移住の推進、新しいサービスの展開なども必要となってきています。

キーワード:
TOPへ戻る